まめたろうは元気で動き回り過ぎて、なかなか写真が撮れませんでした。