みんな反対側の歩道を歩いていましたが、どうしてもこの写真が撮りたくて、道を渡って撮りました。