映画・や行

八日目の蝉

Photo_7直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃密な時間を過ごした逃亡生活の顛末と、誘拐犯に育てられた少女が成長し、やがて自らの過去と向き合う姿を描く。監督は「ミッドナイト イーグル」「孤高のメス」の成島出。
生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4歳になるまで育てられた秋山恵理菜。両親のもとには戻ったものの、もはや普通の家庭を築くことは出来なくなっていた。やがて21歳となった彼女は、妻子ある男の子供を身ごもってしまう。恵理菜はやがて、封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出る──。会社の上司との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体となったOL、野々宮希和子。相手の男はいずれ妻と別れると言いながら、その妻はいつの間にか子供を産んでいた。自らにケリをつけるべく、赤ん坊の顔を一目見ようと夫婦の留守宅に忍び込んだ希和子。ふと我に返ると、赤ん坊を抱えたまま家から飛び出していた。赤ん坊を薫と名づけた希和子は、そのまま逃亡生活の中で薫を育てていくことに。一時身を寄せた奇妙な集団生活施設“エンジェルホーム”にも危険が迫り、追いつめられた末に流れ着いた小豆島で束の間の安寧を手に入れた希和子と薫だったが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=338475

泣いちゃった!!

| | コメント (0)

U.M.A レイク・プラシッド3

Photo_4家族を連れ、亡き叔母の住んでいたレイク・プラシッドに引っ越してきた猟区監視官のネイサン。彼が仕事に追われる一方、孤独な息子は湖畔で見つけたワニの子供を密かに育てることに。すると2年後、ワニは手に負えないほどに成長し、人間までも獲物と見なして襲い始めてしまう。観光客や密漁者など、次々とその餌食にしていく巨大ワニ。湖畔が惨劇の場と化す中、ネイサンは女ハンターのリバや保安官と決死のワニ退治に挑むが…。
何で、この程度のデキで3作目までいったのでしょう…?

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=338250

| | コメント (0)

U.M.A レイク・プラシッド2

Photo_3ある日、メイン州の湖で釣り人が謎の生物に襲われ、無残に食い殺されるという事件が発生する。これまでにも行方不明者が急増していたことから、保安官のライリーはその生物の正体を突き止めようと湖の調査を開始。やがて、それは異常発達した巨大ワニであることが判明する。さらに、以前巨大なワニを飼っていた老婆の姉によると、まだ数匹棲息しているという。そこでライリーは、ハンターのストラザーズらと手を組み、増える一方の犠牲を食い止めるべくワニ殲滅へ立ち上がるが…。
相変わらず、CGがちゃちい!!背景の実写画面と、CGのワニの動きがあってなくて不自然なのです。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330129

| | コメント (0)

U.M.A レイク・プラシッド

Photo_2メーン州北部の山中に潜むレイク・プラシッドで、ダイビング中の男が謎の生物に下半身を食いちぎられて殺される。謎の生物の正体を探るべく現地を訪れたニューヨークの自然史博物館に所属する女性古生物学者ケリーは、事件の調査を進める保安官ハンクや、狩猟監視官のジャックと共に湖の調査を開始。ボートに乗り込み湖面へと踊り出たケリーたちは、そこで、異常発達した巨大生物と遭遇する……。
『アリゲータ』を思わせる作品ですが、CGがかなりちゃちい!!

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159877

| | コメント (0)