« ナイトメアー・ビフォア・クリスマス | トップページ | ヒックとドラゴン »

ファインディング・ニモ

☆☆☆☆☆☆☆

Photo_2サンゴ礁の海を舞台に、“人間の世界”へさらわれた我が子を懸命に探す父親の大冒険を描いたファンタジー・アニメ。「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」を手掛けたピクサー社が、“リアルな水の表現”にこだわり、最新のCG技術を駆使して作り出したかつてない映像世界が展開する。全米ではアニメ史上最高となる驚異的な興収を記録する大ヒットとなった。
オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。しかし、突然の悲劇がニモを襲う。彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=241078

何度も観ているのですが、プロローグは、実はかなり劇的なのですね。内容は、私の2歳の息子の心をガッチリと掴むほどのもの。しかし、「何でもダメダメ言わず、子供の好きなようにやらせてみなさい。」というメッセージを含んだ、大人向けの内容でもあります。初めて観たのは、正に、グレートバリアリーフへとダイビングに向かう飛行機の中でした。蛇足ですが…ディズニー・シーの、タートルトークも最高です!

|

« ナイトメアー・ビフォア・クリスマス | トップページ | ヒックとドラゴン »

映画・は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナイトメアー・ビフォア・クリスマス | トップページ | ヒックとドラゴン »