« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

タイタンの戦い(2010)

☆☆☆

Photo_2「アバター」「ターミネーター4」のサム・ワーシントン主演で放つアクション・アドベンチャー。特撮映画の巨人レイ・ハリーハウゼンが特撮を手掛けた1981年の同名作品を最新の映像技術でリメイク。ギリシャ神話の世界を舞台に、人類の存亡をかけ冥界の王ハデスとの戦いに挑む勇者ペルセウスが繰り広げる決死の冒険を迫力のスペクタクル映像で描く。監督は「インクレディブル・ハルク」のルイ・ルテリエ。3D版も同時公開。
神と人が共存していた神話の時代。そこでは、欲望のままに行動する神々が熾烈な抗争を繰り返していた。ある時、ゼウスの息子でありながら人間として育てられたペルセウスは、冥界の王ハデスに家族をなすすべなく殺されてしまう。ハデスの暴虐に、このままでは地上が地獄と化す危機に直面する中、復讐に燃え、失う物のなくなったペルセウスは、命知らずの猛者たちを率いて、ハデス打倒の旅に出る。しかしそれは、巨大な魔物クラーケンや見た者を石に変える妖女メドゥーサが待ち受けるあまりにも過酷な道のりだったのだが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335568

子供のころ、アニメの作品を観て感激した記憶がある。ギリシャ神話は大好きだけど、そこに登場する神々は、結構ひどいことばかりしてるんだなと気付いたのは、大人になってからかな。この作品のメデューサは、モデルさんが演じていてとてもキレイですが、彼女がメデューサという魔物になってしまったのは、これまた神々の身勝手で、とても可哀想なお話です。「タイタンの逆襲」を観たくて、復習で観ました。

| | コメント (0)

friends もののけ島のナキ

☆☆☆☆☆☆

Friends感動します(涙)先入観がない方が良いと思うので、これ以上は書きません。

| | コメント (0)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

☆☆☆☆☆☆

Photo_2「シザーハンズ」のティム・バートン製作・原案・キャラクター設定によるファンタジー。ハロウィン・タウンで、来る日も来る日もハロウィンの準備をしているガイコツ頭のジャック・スケリントン。そんな日々に疲れも感じていたジャックが偶然迷い込んだ別の町。そこは毎日が喜びと楽しさに満ち溢れたクリスマス・タウンだった。クリスマスに魅せられたジャックは早速ハロウィン・タウンでもクリスマスを再現しようとするのだが……。D・エルフマンのスコアに乗せて繰り広げられる異形のミュージカル。ジャックをはじめ、幽霊犬のゼロ、ジャックに恋するツギハギ人形のサリーなど、あまりにも魅力的なキャラクターたちは多くの観客を虜にすること請け合いだ。監督はしていないものの、ある意味、もっともバートンらしい作品だろう。それにしても“クリスマスに憧れるハロウィン”とは、何というイマジネーション!
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16482

子供のために一緒に観たけど、これがまた、親も子もハマってしまった!

| | コメント (0)

ANOTHER GANTZ

3another_gantzhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=339502

勢いで観てしまった。内容的には…第1部のGANTZで充分かな。

| | コメント (0)

GANTZ: PERFECT ANSWER

2gantz_perfect_answer奥浩哉の大人気マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化した衝撃のSFサスペンス・アクション、その後編。召還された“ガンツ”の世界から解放されるため星人との戦いを続ける玄野たちを待ち受けるさらなる過酷な運命をスリリングに描く。共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之。監督は「修羅雪姫」「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」の佐藤信介。
電車に轢かれ、ガンツの世界に召喚されてしまった幼なじみの玄野と加藤。ガンツに命じられるまま星人との戦いに身を投じ、倒した星人に応じて加算される得点が100点になり、無事ガンツの世界から解放されることを目指していた。しかし、その戦いの中で加藤を失ってしまった玄野。やがて、100点到達の特典で人間を再生させることも可能と知り、加藤を生き返らせるために懸命に戦い続ける玄野だったが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=338302

いや~、良かったです。マンガではどう描かれているのか、読みたくなってしまいました。この映画で夏菜さんが注目されましたが、個人的には伊藤歩さん、水沢奈子さん、緑友利恵さんらにもっと映って欲しかったです~。

| | コメント (0)

GANTZ

1gantz独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化した衝撃のSFサスペンス・アクション。2部作として製作され、本作はその第1部。共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之。監督は「修羅雪姫」「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」の佐藤信介。
何事にも無気力な就活中の大学生・玄野計と正義感の強い青年・加藤勝。幼なじみの2人は地下鉄のホームで再会して間もなく、通過する電車にはねられ命を落とすことに。しかし、死んだはずの2人は次の瞬間には見慣れぬマンションの一室に移動していた。そこには、他にも死んだはずの人々が集められていた。やがて彼らは、リビングの中央に鎮座する謎の黒い球体“ガンツ”から唐突にあるミッションを命じられる。それは、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦い、抹殺しろというもの。そしていきなり戦いの場へと転送されてしまう玄野と加藤たち。こうして理由も分からず、何の覚悟もないままに、生きるために戦い続けなければならない不条理な世界へと呑み込まれていく2人だったが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337257

オモシロかった~!マンガを先に読んだ人は、また違う意見なんでしょうけどね。スグに第2部を観たくなり、その日のうちに観ました。

| | コメント (0)

ボルト

☆☆☆☆

Photoピクサーと合併したディズニーがジョン・ラセター製作総指揮の下、新生ディズニーの第1弾として贈る感動アドベンチャー・アニメ。また、企画の段階から3D映画として製作された最初のディズニー作品ともなる。人気TVドラマでスーパードッグとして活躍するタレント犬のボルトが、初めて放り出された現実世界で挫折を乗り越えながら旅の仲間と力を合わせて愛する飼い主のもとへと帰るまでの遥かなる珍道中を、手に汗握るアクションとユーモラスかつ心温まるストーリーで綴る。
白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。人間たちは、ボルトからリアルな演技を引き出すため、ドラマの中の出来事を現実と思い込ませていた。そんなある日、ひょんなことからボルトはハリウッドから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。そこで初めて遭遇した外の世界。ボルトはここにきてようやく、全てはドラマの中のことだったと知る。それでもペニーの愛だけは本物と信じ、ハリウッドを目指して長い長い旅に出るボルト。その途中でさまざまな苦難に遭いながらも、旅の仲間、やせっぽちの皮肉屋ノラ猫ミトンズやテレビおたくのハムスター、ライノに助けられながら遥か故郷を目指すボルトだったが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332848

これはオモシロイです!子供と観たので吹き替えだったのですが、今度は字幕で観たいです。

| | コメント (0)

長ぐつをはいたネコ

☆☆☆

5大ヒット「シュレック」シリーズで人気を博したキャラクター、“長ぐつをはいたネコ”ことプスを主人公に描く冒険活劇アニメーション。見た目は可愛くとも心はワイルドでダンディなお尋ね者の猫プスの活躍を、西部劇のスタイルでコミカルかつ躍動感いっぱいに描く。主人公プスの声は「シュレック」シリーズに引き続きアントニオ・バンデラス。また日本語版も引き続き竹中直人が担当。監督は「シュレック3」のクリス・ミラー。
無実の罪で故郷を追われ、お尋ね者となったプス。流れ着いた街で、幼なじみで兄弟分の卵、ハンプティ・ダンプティと久々の再会を果たす。2人は謎めいた美女猫キティを仲間に加え、一緒に伝説の秘宝“金の卵”を探すことに。やがて街の悪党ジャック&ジルから魔法の豆を奪い取ったプスたちは、空高く伸びる巨大なつるに導かれ天上の楽園へと辿り着くが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=340704

シュレック以上に面白かったです!実家で弟に観せたら、いい歳ぶっこいたおっちゃんが大笑いしてた!

| | コメント (0)

レミーのおいしいレストラン

☆☆☆☆

Photo「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」のディズニー/ピクサーが贈るコメディ・アニメ。グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡をハートウォーミングに描く。監督は「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード。
天才的な料理の才能を持ち、いつか一流レストランのシェフになるという叶わぬ夢を持つドブネズミのレミー。ある日、彼は嵐で家族とはぐれてしまい、パリのとある一軒のレストランに辿り着く。なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフ、グストーの店だった。一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを台無しにする失態を演じてしまう。すると、レミーはこっそりとそのスープを作り直し、最高の味に仕上げるのだった。それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能がないことからレミーの力を借りることを提案。こうして彼らは秘かにコンビを組み、パリ一番のシェフを目指すことになるのだが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=326246

1回目は珍しく日本語版で観ました。ネズミもこぎれいにしていたりアニメで観る分にはカワイイのですが、実際にネズミが料理したものというのを想像すると…、コワいです!とまぁそんな否定的なコメントは冗談として、才能のないリングイニが自我に目覚めるあたりの葛藤は、実際私たちの私生活でも似たようなことが多々あるでしょう。二人の固い友情は、大いに見習うところでしょう。些細なすれ違いで、大事な人を失いたくないですからネ!

| | コメント (0)

ウォーリー

☆☆☆☆

Photo_3ゴミに埋もれ、人類がいなくなった遥か未来の地球でたった一人ゴミ処理を続ける孤独なロボット“WALL・E(ウォーリー)”が主人公のディズニー/ピクサー製作SFファンタジー・アニメ。誰もいない地球で黙々と働き続けるうちにいつしか感情を持ち始めた健気なロボット“ウォーリー”のピュアな初恋と大冒険の物語が、現代人への警鐘と熱きメッセージを織り込みつつ感動的に綴られてゆく。監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン。
人類に見捨てられ、ゴミに埋め尽くされた29世紀の地球。そこで700年もの間、黙々とゴミ処理を続けるウォーリー。いつしか感情が芽生え始め、いまではゴミの中からお気に入りを見つけてコレクションすることが彼の楽しみになっていた。中でもお気に入りはミュージカル映画「ハロー・ドーリー」のビデオ。それを見ながら、映画の中の登場人物みたいに自分もいつか誰かと手を繋ぎたいと夢見る日々。そんなある日、一体のロボット“イヴ”が地球に降り立った。その白く美しい姿を一目見てたちまち恋に落ちたウォーリー。あの手この手で彼女の気を惹こうとするウォーリーだったが、ある時、お気に入りのヒョロリとした物体=“植物”を見せた途端、イヴは動かなくなり、やがて突然現われたロケットに回収されてしまう。イヴを助け出そうとロケットにしがみきそのまま宇宙へと旅立ってしまうウォーリーだったが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329124

主人公はロボットですが、結構感情移入できて感動しました。残念ながら、ゴキブリをかわいらしく登場させているのが何となく嫌ですが…

| | コメント (0)

ダイナソー

Photo_26500万年前の白亜紀。広大な緑の大地には恐竜たちの王国が存在した。様々な種類の草食恐竜が群れをなし、彼らを強暴な肉食恐竜が襲う世界。そんな恐竜の王国にある日、突如として異変が起きる。なんの前触れもなく空から巨大な隕石が落下し、緑の平原は焼き尽くされ、湖は干上がり、大地は荒れ果ててしまったのだ。生き残った恐竜たちは楽園を求めて移動を開始する……。最新テクノロジーを駆使したCG映像で恐竜の世界を描いたディズニー作品。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=160276

ウォーキング・ウィズ・ダイナソーを観に行く予習として観ました。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »