« ロビン・フッド | トップページ | トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 »

借りぐらしのアリエッティ

Photo_3とある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンの傑作児童文学『床下の小人たち』。舞台をイギリスから日本に移し、小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴る。監督は「千と千尋の神隠し」や「崖の上のポニョ」などで原画を担当し、本作で初メガホンに抜擢された米林宏昌。
父ポッドと母ホミリーに囲まれ3人で静かな暮らしを営む14歳の少女アリエッティ。彼らは、郊外のある広大な古い屋敷の床下に住み、一家の生活に必要なモノを床上に住むふたりの老婦人に気づかれないようにこっそり借りてきて暮らす、“借りぐらし”の小人たち。彼らの日常には危険がいっぱい。とくに人間は要注意。もし見られたなら、そこから引っ越さなければならない。それが彼らの掟。そんなある夏の日、アリエッティは、病気療養のためにやって来た12歳の少年・翔にその姿を見られてしまう。しかし、好奇心旺盛なアリエッティは、父親の心配をよそに、次第に翔に近づこうとするのだが…。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335800

まず、絵の感じが私好み!写真のようにキレイなんだけど、輪郭が黒い線ではっきりと描かれている感じ。観始めてすぐに、絵の感じで引き寄せられて、お話もまたヨカッタ!ただ…お母さんのホミリーにイラッとくる。

|

« ロビン・フッド | トップページ | トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 »

映画・か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロビン・フッド | トップページ | トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 »