« 機動戦士ガンダムZZ | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »

ネバーエンディング・ストーリー

☆☆

Photo「U・ボート」のW・ペーターゼン監督が多額の製作費をかけ、ミヒャエル・エンデの原作を映画化したファンタジー大作。いじめられっ子の少年バスチアンが古本屋で手にした一冊の本。それは空想の国を舞台にした冒険物語だったが、いつしか不思議な力に導かれバスチアンは本の中の世界に入っていった……。アメリカ製では味わえない素朴なSFXや実物大のクリーチャーなどが印象的で、犬の顔をした竜ファルコンはその中でもスター性を持ったキャラクターだった。現実と空想世界、ふたりの主人公に扮したB・オリヴァーとN・ハザウェイも好演、お姫様役のT・ストロナッハも愛らしい。好評につきシリーズ化されたが、原作あるいは第1作の持ち味を活かした続編は造られていない。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17252

子供が喜ぶだろうと思って、観させました。やはり大ハマりで、特に、カメのモーラが気に入ったようです。

|

« 機動戦士ガンダムZZ | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »

映画・な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機動戦士ガンダムZZ | トップページ | パラノーマル・アクティビティ »