« パンドラム | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

300 <スリーハンドレッド>

☆☆

300 紀元前480年、それまで千もの国々を征服してきた大帝国ペルシアはスパルタを次なる標的に定め、ペルシア大王クセルクセスに服従の証を立てるよう迫ってきた。これに対し、戦士の国スパルタの王レオニダスはその要求を一蹴、100万の軍勢を持つペルシアと戦うことを決意する。そして、レオニダスのもとには強靱な300人の精鋭が集結するのだった。さらにアルカディア軍などの援軍も得たレオニダスは、海岸線に連なる狭い山道のホット・ゲートに敵を誘い込む作戦を掲げ、300人の勇士と共に立ちはだかる。やがて、ペルシアの大軍が現われ、熾烈極まる死闘が始まった。圧倒的に不利と思われたスパルタ軍は怒濤の攻撃で敵軍を粉砕し、緒戦となる一日目は勝利を収めるのだが…。
シン・シティのフランク・ミラー監督が製作総指揮にあたっています。カッコいいアクションシーンと暗い映像は、その流れでしょうか。歴史映画を観るつもりだと少し違うかもしれませんが、アクション映画として観るとなかなかいいです。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=327079

|

« パンドラム | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

映画・さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンドラム | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »