« もしも昨日が選べたら | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト <劇場版> »

火垂るの墓

Photo 昭和20年の神戸。急な空襲で母が入院した、14歳の清太と4歳の節子兄妹は、叔母のもとを頼りに訪れる。だがふたりの母が亡くなったのを機に叔母は彼らを邪険にしはじめ、清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。ふたりだけの自炊生活をはじめるが…。
ナント初めて観ました。お話は知っていましたが、原作ほど悲しくは表現されていないようでした。(3.0)

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=150436

|

« もしも昨日が選べたら | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト <劇場版> »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もしも昨日が選べたら | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト <劇場版> »