« 地球(テラ)へ… | トップページ | ボーン・スプレマシー »

ボーン・アイデンティティー

☆☆☆

Photo ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見する。引き上げられたその男の背中には弾痕があり、皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていた。男はなんとか息を吹き返すが、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かう。その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていた。やがて暗殺者たちに狙われ始めた彼は、偶然出会ったマリーの協力を得てパリへと向かうのだったが…。
何といっても、ストーリーがサイコーにスリリングで面白いです。アクションシーンは、そんなに派手というワケではありませんが、手に汗握るカンジでこれまたいいです。3作品中、一番ミステリアス感があると思います。(4.3)

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239779

|

« 地球(テラ)へ… | トップページ | ボーン・スプレマシー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球(テラ)へ… | トップページ | ボーン・スプレマシー »