« 2006年7月16日 大瀬崎(伊豆) | トップページ | どろろ »

2006年7月7日 宮古(沖縄)

☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Point: [宮古馬下]×1,[デベソI]×1,[来間ビーチ]×1
透明透視: 3-10m
水温: 30.3℃
生物: アオギハゼ,クレナイニセスズメ,タカセガイ,ミナミハコフグ(幼魚/若魚),ムチカラマツエビ,ワライボヤ,タテヒダイボウミウシ,マダラウミヘビ,バブルコーラルシュリンプ,ムスジコショウダイ,アカククリ,タカサゴ,オランウータンクラブ,モンハナシャコ,ツユベラ(幼魚),キリンミノ,ハナミノカサゴ,カクレクマノミ,ミスジリュウキュウスズメダイ,オイランヨウジ,デバスズメダイ,ハマクマノミ,キイロサンゴハゼ,ギンガハゼ,イソギンチャクモエビ,アサドスズメダイ,ウミウサギガイ,クマノミ,シマキンチャクフグ,ミズタマサンゴ,イソギンチャクエビ,シライトイソギンチャク,シライトウミウシ,ソライロイボウミウシ,ハタゴイソギンチャク,ハナビラクマノミ,サザナミハゼ,トゲダルマガレイ,ヒメダテハゼ,ヤライイシモチ
200607071202 初めての宮古島は、台風3号と一緒になってしまいました!空港に到着すると、美海仙人さんの知り合いの島人さんが迎えにきてくれました。島内観光まで案内して頂き、島人さんと美海仙人さんには感謝感謝でした!!しかしリーフの外には、確実に台風3号の影響が迫っていて、リーフで弾ける波は、10mにもなろうかというものもありました!!
2日目はリーフ内のみの限られたポイントで、何とかダイビングができました。1本目はまだ名前の付けられていない新しいポイントで、目の前で宮古馬が飼われていることから、仮に『宮古馬下』としました。リーフの外の波が考えられないほどの穏やかな海でした。また、何個も何個も連続で作るガイドさんのバブルリングはカナリ美しく、もしかしてイチバン印象に残っているかもしれません…!2本目は『デベソI』。根の周りを周りながら上がるこのポイントはGBRを思い出し、少し懐かしい感じでした。3本目の『来間ビーチ』の最大水深は6m程度ですが、同じ水深でも雲見(伊豆)のビーチとは大違いで、台風のうねりが入ってきつつはありましたが、豊富な生物に満足でした。夜は近くの居酒屋さんで飲みました。地元の酔っ払いにからまれたぼんばぁは、私の制止を振り切って2件目のお店へと消えていきました!!夜中に台風が上陸する前に、干したままの器材を片付けなければいけないというのに!!仕方なく私とぼんばぁの二人分の器材を片付けて先に眠りにつくと、へろへろに酔っぱらったぼんばぁは夜中に帰ってきました。
3日目の昼頃、遂に台風3号が宮古島に上陸しました!初めて沖縄の台風を体験するので、せっかくだから外に出てみました。時折身体ごと飛ばされてしまいそうな強風が吹き付けるものでしたが、写真に撮るとそれが実感できず、知人達にはうまく実況できませんでした…!動画で撮ればヨカッタなぁ…。
そしてとうとう東京に帰る4日目は、島人さんに空港まで送って頂き、最後までお世話になってしまいました。ホントにありがとうございました!!しかし伊豆以上に満足できたとはいえ、宮古島の醍醐味である地形ポイントは潜れなかったので、今度は是非台風のない穏やかな日にリベンジしたいと思った私とぼんばぁでした。

http://whaleshark.cocolog-nifty.com/photos/20060707/index.html

|

« 2006年7月16日 大瀬崎(伊豆) | トップページ | どろろ »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2006年7月16日 大瀬崎(伊豆) | トップページ | どろろ »